2021.01.27

群馬県桐生市のケース

群馬県桐生市のケースのご紹介です。

本人宅から調査開始。
本人単身で本人車に乗り発進。
群馬県伊勢崎市内のパチンコ店駐車場に入る。
ご依頼者情報の浮気相手車がすでに停車しており、本人車はその隣に駐車する。
本人が降車し、浮気相手車の後部座席に乗車発進する。
直ぐ近くのラブホテル敷地内に入る。
同ホテルはコテージ風で、各部屋に1台分の車庫が付いている形状である。
当方も少しの時間を置いて入ると、車庫に駐車中の浮気相手車を確認する。
当方は本人たちの部屋と車庫が見える別の部屋の車庫に調査車両を入れ撮影。
本人たちは駐車した浮気相手車から降り、直ぐに同部屋に入る。
その撮影も成功。
当方も別の部屋にチェックインする。
5時間ほど滞在すると、本人たちが部屋から出て浮気相手車に乗車発進する。
この撮影にも成功する。
浮気相手車は本人車が駐車されているパチンコ店の駐車場に入り、本人車の隣に停車する。
直ぐに本人が助手席から降車し、本人車に乗車発進。
浮気相手車も発進し、本人車とは別方向に走行する。
その後、浮気相手宅が判明し、本日の調査を終了。